間取り詳細plans

[32坪 4LDK] 書斎スペースで在宅ワーク、子育て共働き夫婦の家

全国の建築家から間取りが集まるmadree(マドリー)で集まった32坪、4LDKの間取りです。外とつながるLDKや家事ラク動線が特徴の注文住宅の間取りです。

こんな方に参考になる間取りです

・将来は子ども3人、共働き3人家族
・パパは読書好き、ママはデザイナーなので机に向かう事が多い
・リビングに家族が集まる家にしたい
・収納多めで要らない物は隠したい。

間取りアイデア

会員登録すると
間取りが閲覧できます

会員登録はこちら

会員の方はログイン

  • 1階の画像
  • 2階の画像
  • その他の画像

広さ
階数
部屋数
家族人数
土地特徴
特徴
担当建築家・デザイナー

建築家・デザイナー
からのコメント

片付けしやすい、リラックスして暮らせる家

・配置計画
西側・北側は隣家との距離が近接することが予測できる。また南東部には電柱と支線があるために美しい視界は期待できない。
そのため、建物をL型に計画し角地である南西側に大きく開く事で、プライバシーを確保しながら明るさと視線の抜けを意識した。
アプローチは雁行させる事でシンボルツリーを眺めながら玄関へ辿り着くことができ、道路からの視線も気にすることなく家に入ることが出来る。

・平面計画
室内に入ると、家人は土間収納のある玄関から、お客様は正面の玄関から2way動線に分けてホールに上がることができるため、玄関はきれいな状態を保つことができる。
LDKと和室は一体空間として利用することで最大18.5帖の空間となり、さらに和室はウッドデッキにつながっているため、外部空間を取り込み帖数以上の空間を感じることができる。
また、本棚やPCコーナーを設けているため自然と家族が集うようになり、パントリーや押入など必要各所に計画しているので楽に片付けができる。また、水廻りにもリネン庫があるため、来客時にも気兼ねなく利用してもらうことができる。

2階ホールは日当たりが望めるため室内干しを考慮した広めの計画とし、寝室と子供部屋をゾーン分けすることで家族間での適度な距離感を意識した。寝室・子供部屋にはクローゼットを最初から計画することで、家具を置く必要がなくなりすっきりとした空間となっている。
仏間の上部(2階部分)は収納としているため、仏様の上部を踏むことの無いよう配慮している。
子供部屋に関しては子供が成長するまではご夫妻の個室としても利用できるように1部屋+2部屋の計画とし、北面のトップライトからは気持ちのいい明かりが降り注ぐよう意識した。
小屋裏スペースに関しては6帖の空間を確保し、書斎や収納スペースとして活用することができる。

マドリーを使うと上記のような
間取りが作れます!

間取りを依頼する

関連の間取り

  • 提案間取り

    広さが同じスケルトン階段を中心に、L+DKK空間が心地いい家

  • 提案間取り

    広さが同じ2WAY玄関でネイルサロン、店舗併用の家

  • 提案間取り

    階数が同じ荷下ろし楽、帰宅動線と採光にこだわった家

  • 提案間取り

    部屋数が同じ子供喜ぶ秘密基地あり、生活動線にこだわった平屋

  • 提案間取り

    家族人数が同じ花粉症対策もバッチリ、ペットと快適に暮らす家

  • 提案間取り

    土地特徴が同じペットと快適に暮らす、サンルームのある家

  • 提案間取り

    特徴が同じ収納たっぷり、玄関正面の演出が粋な明るい家

  • 提案間取り

    特徴が同じリビング吹抜と屋上バルコニーがある明るい家

  • 提案間取り

    特徴が同じ四季を感じる広いテラスと庭がある平屋

タグ一覧

広さ

階数

部屋数

家族人数

土地特徴

特徴

ポイント